ビジネスフォンをお得に利用する

ビジネスフォンを導入するにはいくらかの費用が掛かります。出来れば極力コストを抑えておきたい部分と言えるでしょう。そのため、ビジネスフォンの導入の費用を抑える方法としてリースを利用するのも選択肢の一つです。台数も考えて検討してみましょう。

ビジネスフォンリースのメリット

経費で処理できる

ビジネスフォンのリース料金は経費でも「リース代」と記載出来るため、明確な管理が行いやすくなります。月額払いになるため、記載しやすいというのもメリットと言えるでしょう。

事務作業の効率化

ビジネスフォンを購入すると様々な書類に記載を行う必要があります。しかしリースの場合なら面倒な手続きもリース業者が代行してくれるので、事務作業の効率化に繋がるのです。

月額契約で利便性が高い

リースは月額契約が可能です。そのため契約を解除したいと思えばすぐにでも解約することが出来るのです。不要と感じればすぐにでも解約が出来るという部分もリースのメリットとなっています。

選べる機種が豊富

リース出来るビジネスフォンは機種も豊富に取り揃っています。機能を比較し会社に合っているビジネスフォンを選ぶことが出来るというメリットもあるのです。

事業立ち上げの負担軽減

リースは初期費用として発生する金額も低いです。そのため事業立ち上げ時の負担になりにくいですし、気軽に契約を行うことが出来ます。

[PR]ビジネスフォンのリース価格をカンタン比較
オフィスの初期費用を抑えよう

[PR]不要なiPhoneは買取しよう!
宅配サービスを提供中

[PR]オフィスにIP電話を設置しよう
サービス内容を公開中

ビジネスフォンリースの他にある選択肢!自社に合う方法を検討しよう

スマホケース

IP電話を検討しよう

ビジネスフォンの導入ならIP電話がオススメです。IP電話は転送や保留はもちろん、電波環境も安定しているので高層ビルの会社であっても安心して利用することが出来るでしょう。IP電話の機種や業者のサービスによっては、ビジネスフォンからiPhoneなどの携帯電話に転送することも可能です。

会社用の携帯としても

会社から普及される携帯電話で最近よくiPhoneが利用されています。法人名義で契約を行うと旧機種のiPhone5cなどは格安で契約することが出来るのです。また、iPhoneなどのスマートフォンは精密機器になっているので、ちょっとした衝撃でも壊れてしまう可能性があります。修理費用を無くすためにもケースの着用を義務化しておくようにするといいでしょう。iPhoneは人気で需要のある機種なので、もし不要になれば買取業者に売ることも可能です。

ビジネスフォンのまとめ

・ビジネスフォンは導入台数を考えてリースするのか、購入するのか検討しよう
・通信環境も安定しているIP電話がビジネスフォンに向いている
・機種の機能によって、携帯電話への転送も可能

広告募集中